大事なものに雨染みができてしまいました

早宮の家をリフォームすることになり、設計もでき工事がいよいよ始まりました。
ちょうど梅雨の雨の多い時だったのですが、屋根も直していたこともあり、室内に工事中に雨が入り込んでいました。
業者さんはある程度シートなどをかぶせて雨が入り込まないようにしていたのですが、それでも隙間があったようで工事をしないでいた和室に雨漏りしてしまいました。
そこの部屋の壁や飾ってあった絵などが雨染みができてしまい会社は補修させてもらうと言ってくれましたが、完全には治らないということも伝えられました。
とりあえず保障として生活にかかわる壁やふすまは新しいものに直してもらいましたが、絵は価値が私も両親も良く分からなかったので直さず、直さないで済んだ保証金で他のリフォーム部分の費用に充てることに決めました。
しかしこれが思い入れのある絵、価値のあるものだった場合どうなっていたんだろうと思います。
いちお大手の会社にリフォームをしてもらっているので、保証もしっかりしてもらえましたが、小さいところだとやってもらえなかったのかなと不安に思うこともあります。